×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エンジンの知識

エンジンは車を動かす為の原動力を生み出す機械です。
ミニ四区で言う、モーターです。笑

車の心臓部分がエンジンで、血液がエンジンオイルと言われています。
エンジンの種類は一般的には
レシプロ、ディーゼル、ロータリー、ハイブリットの4種類があります。

レシプロエンジン

レシプロエンジンとは、もっとも基本的なエンジンのこと。
ロータリーエンジンを除く全てのエンジンを指します。
レシプロエンジンには、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンがあり、
ガソリンエンジンの場合は、2サイクルと4サイクルに分類されます。

ピストンがシリンダー内部を往復して発生する直線運動の力を、
クランクシャフトを介して回転運動に変えるエンジン。
簡単に言うと、混合気(燃料+空気)の爆発でピストンを動かし、
その力を利用して車を動かすエンジンです。

吸入・圧縮・膨張・排気という一連のサイクルをクランクシャフトが
2回転する間に行うものを4ストロークエンジン、
1回転する間に行うものを2ストロークエンジンと言う。

かつては軽自動車などに2ストロークエンジンが採用されていたが、
現在の4輪国産車は全車が4ストロークエンジンとなっている。

 

                            このページのTOPへ

ロータリーエンジン


ロータリーエンジンとは、往復運動ではなく、回転するローター(ピストン)を用いており、
その運動を直接回転運動として取り出せる4サイクルエンジン。


ローターと壁の間にできる容積がローターの回転とともに変化し、
吸入→圧縮→膨張→排気の行程が3つもあり連続して行われます。

ロータリーエンジンは、レシプロエンジンと比べて
振動が少く、音が静かで、高出力です。
さらに、部品が少ないため小型で軽量なので
コストが下がるのが良い点です。
しかし、燃費が悪く、オイル消費量が多いです。

ロータリーエンジンを開発しようとしたのは約200前ですが、
このロータリーの理論は、蒸気機関車を開発したイギリスのジェームスワットをはじめ、
多くの発明家が挑戦しましたが、ジェームスワットですら1782年に
ロータリーエンジンの開発を放棄し、他の発明家もだんだん放棄していきました。
しかし、1929年西ドイツのエンジン技師のフェリックスバンケル博士により
ロータリーエンジンが誕生しました。
現在はロータリー車を製造してるのは、日本のマツダ自動車のみです。

                            このページのTOPへ

ハイブリッドエンジン


ハイブリッドエンジンとは、エンジンとモーターという、二つの動力源を組み合わせたものを言う。
走行状況に応じてエンジンとモーターを効率的に使い分けることで、
驚異的な低燃費、低排出ガスを実現する。

走行中、ブレーキング時の制動エネルギーを回生することで充電するため、
特別な充電システム等は不要。
燃料はガソリンであり、使い勝手は一般のクルマと全く同じです。

                            このページのTOPへ

 

ディーゼルエンジン

ディーゼルエンジンは、吸入行程でシリンダー内に空気のみを吸入し,
高温・高圧に圧縮してインジェクションノズルから燃料を噴射。
そして自己着火によって燃焼・爆発させている。
また,スロットルバルブがないため吸入空気量は回転速度,
負荷によらずほぼ同量 のため、燃料噴射量を調節してエンジン出力を制御しています。
そのため、ディーゼルエンジン専用の燃料装置が必要となります。

ディーゼルエンジンは、大型自動車や、鉄道車両(ディーゼル機関車・気動車)、
建設機械、農業用機械、船舶などのエンジンに利用されています。

                            このページのTOPへ

PR:車を高く売る方法車の査定のコツ車の保険比較